Orion

「Orion」

(455mm×455mm キャンバス/2018年制作)

 

 

星座の中でも、オリオン座って見つけやすいですよね。

 

子供の頃、遊んでいて遅くなっちゃった帰り道、空に昇っていたオリオン座。

大人になって、残業終わりで遅くなった帰り道、やっぱり空に昇っていたオリオン座。

 

変化の激しい時代だから、余計にかもしれないですけど。

子供時代から変わらずに、ずっとそこにあってくれるものに

無性に心惹かれるところがあります。

 

オリオン座もその一つかもしれません。

 

会社員時代のこと。

そんなことを普段は言わない(どちらかといえばドライな性格の)同僚が

仕事終わりの暗くなった空に、オリオン座を見つけて

子供の頃は、オリオン座を毎日見上げて家路についてたんだって

ふっと話をしてくれたことがあったんです。

 

その瞬間、なんだかその人の子供時代の、空を見上げていた気持ちが

大人の身体の中に戻った感じがして、不思議な感覚があったのを覚えています。

遠い目の奥に、キラっと柔らかい光が輝いていました。

 

「童心」っていう言葉がありますけど

童心って実はなくならずに、ずっと心のどこかにあって

大人になった私たちを、見守ってくれているのかもしれません。

何十年経っても、あの頃と変わらずに空に上るオリオン座のように。

 

お守りみたいなものかもしれないな、とも思います。

もしも疲れてしまったり、大人の生活が息苦しくなってしまったら

そのお守りを思い出して見てくださいね。

 

過去からちゃんと繋がって、今があるってことを

思い出せるはずです。

 

振り返ったら、あの頃からずいぶんと長く歩いてきたわけだし

いろんな場面を乗り越えて、今があるんです。

 

なんども転んで、ひざを擦りむいて

それでもまた立ち上がって歩いてきたから

あの頃と変わらないオリオン座を、大人の自分で見ることができるんです。

 

その旅路を振り返って、自分自身を抱きしめて、また明日に向かいましょうね。

 

 

 

掲載作品へのお問い合わせは、こちらからどうぞ。
Home
似顔絵
pickup
お問い合わせ