kokorono mamani

「こころのままに」

(333mm×242mm 水彩紙/2015年制作)

 

突然ですが、アコースティックギターって、弾きづらいんですよ。

(いきなり変な話ですいません、、笑)

弦が硬いし、指痛くなるし、ちょっと気をぬくといい音が出ないし、リズムキープもするのも一苦労。

 

でもこんなにしっくりくる楽器は、自分の場合、他にはなくって。

樹がそのまま鳴っている感じというか。

音から、樹とそこをすり抜けて行く風を感じるんですよね。

 

そしてその風は、自分を自由にしてくれる。

 

そもそもギターを始めたきっかけは

ロックバンドへの憧れだったので

そのまま行くなら、エレキギターを低い位置に構えて

ギュイーン!とラウドな音を鳴らして

今頃、武道館に立っていたはずなんですけどね。

(はい!まぎれもない誇大妄想です。。すいません)

 

そういう未来は見つけられなかったんですけど

音楽を好きになって、歩いて行く道の中で、アコギっていう相棒に出会えた。

 

楽譜も読めないし、楽曲を覚えるのが苦手なので。

そのまま思い立ったフレーズを

その時の感情を乗せて、爪弾いてるだけ。

 

それだけのことではあるんですけど

もう人生の半分以上、それを飽きずに続けていて。

だから人生の一部というか、身体の一部みたいに感じていて。

 

きっと、絵を描くことも

自分にとってはアコースティックギターを弾くことと同じで。

デジタルじゃなんだか物足りなくて

結局、自分の手とキャンバスと筆で

直に向き合うことに、心地よさと創造の自由を感じているんです。

 

音楽のサイトはこちら

https://music.motocchi.com)。

よかったら聴いてみてくださいねー!

 

 

 

Home
似顔絵
pickup
お問い合わせ