early in the afternoon

「草原の昼さがり」

(455mm×380mm キャンバス/2019年制作)

 

 

会社員時代の話なんですけど、空調の効いた快適なオフィスの中に

小さなしゃくとり虫が一匹、乱入したことがあったんです。

 

そのしゃくとり虫は、人間のじゃまをするわけでもなく

ちょっとコミカルな独特の動きで、壁の上の方を移動していただけなんですけど。

 

でもその姿に気がついた人が「きゃーっ」と声をあげた途端

ちょっとした騒動になっちゃったんですね。

 

大のオトナたちが集まって

壁の上の方を移動していく、しゃくとり虫を見上げて

ジャンプして落ちて来ないか、きゃーきゃー言いながら固唾を飲んで見守って、、(笑)

 

動きは独特の威圧感がありますけど

しゃくとり虫の体長って、わずかに4〜5センチメートルくらいなんです。

でもそんな一匹の乱入があるだけで

はるかに大きな身体をしてる大人たちが、てんやわんやになってしまったんです。

 

結局、そのしゃくとり虫は捕まる事なく

ほどなく、人の目からは見えない場所に姿を消して行きました。

 

この出来事を体験したときに

大人って、ほんとに自然と隔絶された世界を作っちゃってるんだなーって思い知りました。

もちろん上から目線ではないですよ。

私も十分キャーキャー言ってましたから、、(笑)

 

「コンクリート・ジャングル」って言葉がありますけど

やっぱりだいぶ不自然な環境を、人間って地球の上に作り上げて、そこにこもってしまっているんだと思います。

 

でも人間も自然の一部だから、その環境がストレスになっている面も否めなくて。

 

知らず知らずの間に、頭でっかちになってしまって

五感で得られる豊かさを、忘れがちなんじゃないかなって。

それが心の欠乏感につながっているんじゃないかな、なんて思ったりもします。

 

 

そんな難儀な現代人に、処方箋の一つとして、とてもシンプルな方法があります。

 

それは裸足になって、足の裏の感覚を感じてみるということです。

 

靴を脱いで裸足で草むらの上を歩いたり。

砂浜の上を歩いて、砂の音を味わったり。

海に足の先をつけて、たゆたう波の感触を感じたり。

 

靴を脱ぐだけで触れられる、心地よくて豊かな感覚の世界が

実はすぐそばにあったりするんですよね。

 

よかったら、もう一度自然とつながるためのこの方法、試して見てくださいね。

 

子どもに戻った気分で、裸足で駆け出すなら

地球もきっとその歓喜に応えてくれるはずです。

 

 

掲載作品へのお問い合わせは、こちらからどうぞ。
Home
似顔絵
pickup
お問い合わせ