starry night

「星の降る夜」

(227mm×158mm 水彩紙/2021年制作)

 

 

星の光って、よくよく考えると不思議なものですね。

 

私たちが眺めている星の光は、何十億年も前の光だったりするわけで。

その光が、想像できないほどの歳月をかけて、宇宙の向こうからやってきて

今こうして目の前に、届いているんです。

 

その時間の流れを想うと、なんだか不思議な気持ちになるし

とても贅沢な気持ちになります。

 

ちょっとベランダに出るだけで、ちょっと帰り道に夜空を見上げるだけで

その遥か彼方からの光を、受け取ることができるんです。

 

 

結局のところ、「受け取り方」なんだと思うんです。

 

どれだけ豪華な暮らしをしても、心に空虚を抱えて生きる人もいます。

質素な生活でも、豊かな心で人生を謳歌している人もいます。

 

同じ一杯のコーヒーでも

せわしない平日の朝、とりあえず目覚ましで流し込むコーヒーの味と

休日、ゆっくり自分のために時間をかけて淹れるコーヒーの味が、違って感じるように。

 

豊かさって、心で感じるもの。

 

だからこそ、心のアンテナが、ピーン!と幸せの方向を向いていれば

恵も、幸運も、きっと受け取ることができるんです。

 

ノイズが多い世の中だから、ときどき何が正解かわからなくなるし

自分の心がわからなくなってしまう時もあるけど。

 

そんな時は、夜空を見上げて

遥か彼方から届けられる光を、心で受け取ってみるといいかもしれませんね。

 

受け取ることに慣れていないって思う方は、なおさら。

受け取っていいんです。幸せになっていいんです。

 

生きてるってことは、それだけですごいことなんですよ。きっと。

 

 

stay strong

Home
似顔絵
pickup
お問い合わせ